スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

奇跡?残滓?

いつにもまして、だらだらとかくので初っぱなからたたみます。

えーと。
結果から言うと。
6/1 真夜中 ばーちゃんは亡くなりました。

暫く書いていなかった?きもしますが日曜毎につれと一緒に顔を出していました。
前々回弱ってきたなぁとおもいつつ、それでもまだはっきりとしたところもあった……きがするのですが。
前回の日曜つれは急に仕事がということでこれませんでした。
ので母上達といったのですが……。驚きました。
1週間……これだけの間にごっそりとこけてましたし、何より。
肌が……黄色かったのです。(後で黄疸?という症状だと知りました。
また、この日は話しかけても薄くしか目を開けられず、あまりはっきりとしゃべることもありませんでした。

それと前後して、まず全く食べることはなくなり、飲料も日曜、月曜ともにほぼ取れなかったそうです。

そして5月31日火曜日。
夕方母上から電話が。
要約すると
病院から連絡があった。血圧が下がってきてるので来て欲しい。ただし、ちょっと前までいたじーじが病院にいないらしい。家に帰ってきて合流したところで来てね。
動揺しながら出かける準備をささっと整えじーじを待つことしばし。
帰ってきたところを慌てて捕まえ、じーじのいらない荷物(持って帰ってきた洗濯物とか)をおいて病院へごー。
このときは行ってみると、足が高く上がっていました。
血圧を上げるため?の処置だったようです。
交互に話しかけてみると、やはり薄く目を時々開けるだけ。
このときだったかなぁ。
自分も呼ぶように肩をぽんぽんと叩いたら、ちょっと目を開けてこっちを見ていた気がしたので。
言葉にならなかったので。
ありがとうとかいろんなことを思いながら。結局2回うなずいただけでした。
なのに。
まるで、わかってるよ。とでも言うように。
ばーちゃんは、同じように2回うなずいてくれました。

この後血圧は低めでしたが一端安定したため。
夕飯とかいろいろな事情でじーじを残して撤収。
じーじも面会時間を過ぎたら、病室にいられなくなったため、ご飯を食べるのにやはり撤収してきました。

しかし、お医者さんも、看護士さんも。
今夜、もしくは明日の明け方は危ないかも。とのこと。
なんとなくもやもやとしていたのですが。

丁度日付の変わるころ。
のどが渇いて部屋から台所に移動。
すると……。茶の間にいた母上が携帯でなにやら話しています。
……あれれ……????
嫌な予感はあっという間に確信に。
再び血圧が下がっているとのことで。慌てて寝ていたじーじをおこし。
母上は近くに住む妹を迎えに行ってから。
ぼくはじーじとおとんとともにそのまま病院へ。

でも。
意外に無情なものですね。
自分がいったときには、心電図?かなあれは既に……0表示に。
ただ、エレベーターとかの関係でちょっとだけ先行していたおとん曰く。
先頭でたどり着いていたじーじの時はまだ心電図の波形は残っていた。と。
ただ、おとんの目の前でその波形は消えていった。と。
自分が部屋に入ったときはどう見ても、息をしているように見えなかった。
でも。でも。
ばーちゃんの何か最後の最後はじーじをきっと待っていたんだろうなと。

この後はばたばたとしていて。
なんだか寝るに寝れなくて。
ろうそくのばんを夜通しして。
朝ご飯を食べてから……爆睡しました。
まぁ、今もねむいんだけど。

暫くは色々と大変そうですね。

あ。余談ですけど。
主治医さん?だったのかな。
立ち会ってくれた看護士さんもだけど。
悲しんでくれたのか、少し目が潤んでるように見えた。
最後のお見送りもずーっと見送ってくれてた。
何となくありがたかったなぁ。
実は名前すら覚えてないんだけど。
あの人達でよかったね。ばーちゃん。
2011-06-02(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

このたびはご愁傷様でした 

久々にのぞいたら悲しいニュースが
我が家も今年の2月にケンの叔母を亡くしました
父母はもう年齢も年齢なので、ケンとお姉さんとでバタバタ手配を全部やりましたよ(ーー;)

我が家も覚悟していたことではあったけど、しばらくの間まだ叔母ちゃん生きてる気分になってつらい事がありました
まだ1週間も経っていないからいろいろ忙しいかもしれないけどしばらくしてから『ふっ』と気が抜けるときに思い出すとね・・・
気を落とさないでね
2011-06-07 11:18 | あしか | URL   [ 編集 ]

 

お久しぶり!
覚悟してても悲しいものは悲しいよね……。
まだ病院行くと病室で寝てそうな気になりますしね。
そんなことはないってわかってるのにねぇ。

手配とかはぼくは全然やってないけど。
おかんとおとんが大変そうでした。
(おかん側のばーちゃんと同居ので!

あしかにゃんも(けんさんも)きっと大変だったんだろうなぁ。

うちはまだまだこれから色々あるだろうけど頑張っていきますよ!
2011-06-08 12:45 | ふぃふぃす | URL   [ 編集 ]

大変でしたね 

この度はご愁傷様でした。
ふとした瞬間にずっしりと心に来る時もあると思いますがどうかお気を落とさず…。

先日コメントした通り僕も去年祖母を見送りました。
最後に会ったときに寝ていたので声をかけなかったことが未だにモヤモヤと心の中に残っています…。
2011-06-09 05:56 | かしむ | URL   [ 編集 ]

 

かしむたん、こんにちにゃ~。
後悔しないようにって思っているけど難しいよね。
今回に限らず、何人かお見送りしましたが……後悔って一杯ありますもの。

かしむたんのもやもや、すっきり晴れることは難しいかもだけど。
楽しかったおばあちゃんとの思い出までもにゃもにゃにしないようにね!
2011-06-10 14:13 | ふぃふぃす | URL   [ 編集 ]

プロフィール

ふぃふぃす

Author:ふぃふぃす

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。